大切な家族が事故で無くなった、そんな大変な時に直面する保険会社との交渉等についてご説明いたします。

保険会社の提示する示談内容で大丈夫でしょうか?!

ハンコを押す前に、一度ご相談ください。
無料で保険会社提示の示談内容を精査します。メールやファックスで当事務所に送付下さい。

ご家族を失い、失意の中で様々な手続きに追われ、さらに追い打ちをかけるような保険会社との交渉。とても大変かと思います。もうつらいからハンコを押して追われらせてしまおう。そんなお気持ちになることは理解できます。
しかし、数年後、ハンコを押したことに後悔しませんか。交渉する保険会社は、プロであり、相手の代理ですよ。保険会社の利益のために、どんなに良い方が相手でも、目一杯の金額を提示して、誠意をみせてくれることはまずありません。

あい湖法律事務所なら無料で示談内容を精査します。依頼頂かなくても構いません。大切なご家族を失ったんです。諦めないで、、、。

交通事故専門の弁護士法人あい湖法律事務所では、そんな辛い交渉をあなたに代わって行います。刑事記録、事故状況等を精査し、保険会社の示談案を一から精査致します。場合によっては、裁判をするべき場合もあります。
ご相談だけでも構いません。まずは、安心して交通事故専門の弁護士チームがいる弁護士法人あい湖法律事務所にご相談ください。

主に働いていた家族を失い、当面の生活費をどうにかしないと

仮渡金を受け取ることもできます。

交通事故の死亡事故では、適正な賠償金・慰謝料が多額になることが多いため、交渉で速やかに終わることは難しく、長い期間必要とすることがあります。突然の死亡事故で、一家の大黒柱を失ってしまい、当面の生活費がなく、早くお金を得るために、示談するなんてことになりかねません。しかし、保険会社は、相手の代理であり、自社の利益のため低額に抑えることが仕事です。そういった窮状は、むしろ付け込まれてしまいます。
自賠責保険に対して、290万円の仮払いが受け取れます。

あい湖法律事務所ならそんな自賠責への請求も代理致します。

さすがの保険会社も、死亡事故であれば、優しく接してくれます。保険会社担当者個人としては、しっかり対応してくれているかもしれませんが、会社として多額の賠償を積極的に払いません。

被害者参加制度で刑事裁判に参加したい

ご遺族が、刑事裁判に参加し、裁判で意見を述べることができます。

死亡事故では、必ず、警察が捜査をします。加害者を自動車運転過失致死罪等で取調べたりするのです。不注意が著しい場合は、加害者は、起訴され、刑事裁判にかけられることになります。ご遺族の想いを訴えるには、被害者参加制度で参加する必要があります。

突然起きた遺産相続問題?

交通事故の賠償でも大変なのに、相続問題も一緒に起きてしまいます。事故の賠償額が大きくなったり、遺産が多い場合など、相続人間で骨肉の争いになる場合も、、。

一般的に、相続問題は争いになることが多いです。交通事故での死亡事故となると、これに加えて、事故賠償の問題と問題が大きくなります。また、相続税の問題も出てきてしまいます。あい湖法律事務所の弁護士なら円滑に進めて行くことができます。

あい湖法律事務所なら、司法書士資格を持つ弁護士が在籍しており、相続に関するお悩みにも対応することができます。

あい湖法律事務所では、交通事故賠償だけでなく、相続問題もサポート致します。司法書士・土地家屋調査士資格を持つ、相続問題に強い弁護士が在籍しております。ご相談は無料ですので、安心してお問い合わせください。
相続の手続きを依頼頂いた場合は、交通事故とは別の問題ですので、別途費用が発生します。しかし、相続で揉めると、家族間に埋められない溝ができかねません。費用をしっかり説明しますので、安心して相談ください。ご遺族の負担を大きく減らし、ご遺族を支えたい。