交通事故被害にあった直後

症状固定してから弁護士に相談では「遅すぎます」、事故直後に相談することが重要です。

今のあなたに必要なのは・・・

“治療に専念できる態勢を整えること”です。

事故に遭ったら、速やかに当事務所に相談下さい。

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

「あい湖法律事務所」が考える、事故被害に遭われた直後の対応

  1. 人身事故として届出を出す。素早い初期対応が必要になります!

    人身事故として届出を出す。
    素早い初期対応が必要になります!

    交通事故によって負傷した場合、警察に人身事故として届出をする必要があります。
    軽い怪我だし、相手に刑事処分が科されるのはかわいそうと考えて、交通事故を物損事故として届出をしていると、状況を巡って、相手とトラブルになってしまった場合、こちらが不利になってしまう可能性もあります。
    これは、交通事故の状況やその内容によって、お互いの過失割合が決まり、損害賠償額や慰謝料にも大きく影響が出てしまうからです。交通事故に遭われたらまずは、素早く適切な初期対応を行う必要があります。あい湖法律事務所は無料相談。

  2. 実況見分申し出る。自分の言い分を実況見分調書として、証拠に残す必要があります!

    実況見分申し出る。
    自分の言い分を実況見分調書として、
    証拠に残す必要があります!

    交通事故の状況に関する自分の言い分を証拠に残してもらうために、実況見分を申し出て、実況見分調書を作成してもらいましょう。警察の取調べを受けて、供述調書が作成されることがありますが、損害賠償・慰謝料の関係では証拠として利用できないこともあります。早期に実況見分調書を作成してもらう必要があります。

  3. あい湖法律事務所に相談

    あい湖法律事務所に相談

    すみやかに当事務所にご相談ください。当事務所に依頼頂くことで、保険会社からの不当な治療打ち切りを防ぎ、適切な治療を受け、適正な後遺障害等級を獲得するための診断書や検査等を整えることができます。また、過失割合の争いが生じても、適切な対応ができるように、準備することが出来ます。事故直後から症状固定までの動きで、示談金の総額が大きく変わる場合があります。
    また、保険会社との交渉はとても大変です。こちらの都合などお構いなしに、一方的な電話があったり、なんの説明もなく書類を提出してほしい等、保険会社との交渉は、とても精神をすり減らしてしまいます。そんな交渉は、当事務所の専門弁護士にお任せください。
    当事務所では、交通事故被害者のトータルペイン解決のため、徹底して事故直後から最後までサポートします。病院の選択、警察への対応、治療打ち切り、面倒な交渉等、交通事故被害者のトータルペイン解決の為、徹底して戦います。

  4. 専門医へ行く

    専門医へ行く

    事故に遭った直後、仕事があるためと病院に行かない方がおられます。しかし、事故後、すみやかに病院にいかないと保険会社が治療費を払ってくれないことがあります。また、事故直後は、なんともなかっても、数週間してから痛みが出てくることもあります。ですから、事故直後、すみやかに近く病院に行き、警察へ提出する診断書をもらいましょう。また、通院しやすい専門医へ行くため、紹介状をもらっておきましょう。レントゲンだけでなく、MRIをとることをおすすめします。実は、レントゲンの情報は少なく、明らかな骨折以外は分からないのです。

交通事故被害に遭われた直後~症状固定前の時期のお問い合わせ例

病院で、交通事故は自由診療で支払うように言われましたが・・・
相手側が100%悪いと思っていても、示談や裁判の結果がどうなるかわかりません。病院側からすすめられても、健康保険や労災を利用しましよう。病院側の健康保険の使用拒否は、法的に認められません。
会社の目安が6ヶ月だから症状固定するようにと、保険会社側に言われましたが、期限があるのですか?
症状固定に期限なんてありません。怪我の状態は人それぞれ違います。
会社構内での事故だったので、事故証明書が発行されず、自賠責保険等を請求できないのですが。
自賠責に、「人身事故証明書入手不能理由書」を提出すれば、自賠責上人身事故として扱われる場合があります。そうはいっても、出来るだけ物損扱いではなく、人身事故扱いにするようにしましょう。
関連記事