交通事故は滋賀県大津市に事務所を構えるプロの弁護士にお任せください。

滋賀県大津市の弁護士による 交通事故被害者徹底サポート

0120-001-694
受付時間/毎日9:00~20:00
定休日/なし
ご相談予約・お問い合わせ

慰謝料について

精神的な苦痛を正当な慰謝料につなげる 慰謝料請求サポート

被害者の方の精神的苦痛を金銭的価値に換算したとしても受けてしまった苦痛を拭い去ることは難しいかもしれません。
しかし、せめて、金銭的に正当な賠償はしてもらってしかるべきです。主張すべきことは主張しましょう。あい湖法律事務所は、被害者の方の精神的な苦痛を正当に評価してもらえるようお手伝いさせていただきます。

慰謝料の種類

  • 01死亡慰謝料
    被害者が交通事故で死亡したことに対する慰謝料です。被害者本人への慰謝料と被害者の近親者への慰謝料を併せたものが死亡慰謝料になります。
  • 02傷害慰謝料
    交通事故で怪我を負ったことに対する慰謝料で、原則として、入通院期間を基礎に算定されます。
  • 03後遺症慰謝料
    交通事故で後遺障害が残ったことに対する慰謝料で、原則として、自賠責により認定された後遺障害等級に応じて決まります。

慰謝料算定の方法

慰謝料が精神的苦痛を金銭に換算するものであるという性質上、明確な金額を示すことは非常に困難です。
交通事故の慰謝料算定にあたっては、一定の基準をもとに算定されており、一般的に、①自賠責基準、②任意保険会社基準、③裁判基準、の3つの基準があると言われます。

  • 01自賠責基準
    自動車損害賠償保障法施行令で定められた慰謝料の金額で、非常に低額です。
  • 02任意保険会社基準
    各自動車保険会社が自社で独自に定める慰謝料の基準です。任意保険会社基準は、自賠責基準と同程度か、多少の上乗せがあるだけで、本人が交渉を行う場合、保険会社はこの金額を上限として示談を求めてきます。
  • 03裁判基準
    裁判をした場合に認められるであろう金額で慰謝料を算定するもので、この3つの基準の中で一番金額が高く、本来もらうべき金額と言えます。
    裁判基準を知らないまま示談に臨むと、任意保険会社基準を用いた保険会社の基準で慰謝料が算定され、保険会社の意のままに低い金額で示談してしまうことにもなりかねません。

裁判基準で適正な慰謝料を算定し、適正な慰謝料を請求しましょう!

一定の基準では慰謝料として十分ではない場合、慰謝料を基準よりも増額して請求すべきです。

慰謝料増額事由として考えられるものとして、次のようなものがあります。

〈加害者側の事由〉

  • 無免許運転、ひき逃げ、酒酔い運転、著しいスピード違反、赤信号無視など、事故に対して加害者に故意や重過失がある等、など事故時の事由
  • 反省をしていない、証拠隠滅を図ったなど、加害者に著しく不誠実な態度がある等、事故後の事由
事例1
被害者死亡、加害者ひき逃げ・車輌傷跡の隠滅(証拠隠滅)事案において 慰謝料増額を要求し、800万円増額して示談
事例2
加害者がタクシー運転手という事案で、タクシー会社の事故係が事件処理を相当期間放置 この点を訴訟で主張、慰謝料約30万円増額で和解
事例3
加害者追突後の当て逃げ事案において、加害者の悪質な点を主張・追求 裁判基準の慰謝料額から傷害慰謝料10%増額、後遺症慰謝料10%増額して示談

〈被害者側の事由〉

  • 後遺障害が認められても労働能力喪失が否定され、逸失利益が否定もしくは減額される場合(鎖骨の変形など)
  • 後遺障害が認められず逸失利益が認められない場合(外貌醜状が後遺障害と認められなかった場合など)
  • 将来の手術費の算定が困難な場合
  • 家族関係上の特殊事情(子供の結婚式に出席できなかった、介護のために家族が仕事を退職せざるをえなかったなど)がある場合、など
事例1
7歳児童が高次脳機能障害、大腿骨骨折等を負った事案において 若年で重傷を負ったことを訴訟で主張、慰謝料として3000万円獲得
事例2
怪我が大きく、2度の大きな手術を経て、股関節に人工骨とうを入れた事案において 傷害慰謝料を裁判基準から20%増額して示談
事例3
外貌醜状(後遺障害12級)の事案において 後遺障害11級基準並みの400万円で訴訟上の和解